「キモノ供養」 ご存じですか?

「キモノ供養」 ご存じですか?

「キモノ供養」 ご存じですか?

思い入れのあるお着物、大切な方の思い出の着物であっても、
着ることもなく 差し上げる方もなかったら、
捨てることもできずにお困りの方がみえると思います。

 

 (笠原寺)

 

京都の笠原寺(りゅうげんじ)では「キモノ供養」をしてもらえます。
笠原寺の境内にはきものを愛でられる皆様のために
厄除け開運祈願をされた“きもの塚”の石碑があります。

 

(きもの塚)

 

笠原寺の開山主が尼僧であったことから、
各地から悩みを持つ女性たちの相談を受け生きる力を説いているうちに、
日増しに多くなる悩める人々を一堂に集めて 話し相手をしておられたという。

 

 

それが今、笠原寺で、特別行事としてなされている“一日尼僧修行業”の始まりとされています。
そのような縁からでしょうか。きものを愛する人が、
同じような思いを持つ人々の厄除開運を願って、「きもの塚」が奉納されています。

 

キモノ供養を「呉服(五福)の日」とし毎年5月29日に笠原寺で催されます。
キモノ供養をすると、五福の縁の「お札」がいただけます。

 

キモノ供養の 「お申込み方法」

 

まずは、きもの淳彩庵までご連絡ください。きもの供養事務局に連絡を致します。
規定の風呂敷一枚に包める分(3枚位)で 6,000円(※上の画像では、5,000円と記載されていますが、現在は6,000円)です。
枚数が増えますと料金も増えます。
疑問点などありましたら、きもの淳彩庵まで遠慮なくご連絡ください。

フリーダイアル 0120-045-545

 

きもの淳彩庵ホームページ

https://junsaian.com/

 

TOP