浜ちりめんのふる里は長浜です。

浜ちりめんのふる里は長浜です。

「浜ちりめん」は、滋賀県の長浜で生産されている絹の白生地で、丹後ちりめんと並び日本を代表する最高級の織物です。

「丹後ちりめん」が平織に文様を織り込んだ綸子などの文様が主体なのに対し、「浜ちりめん」はシボ(さざ波のような皺)のある無地生地が主体です。

「ちりめん」とは、漢字で書くと「縮緬」で「緬」という字は長く細い糸の意味があり、それが「縮」、ちぢんだ布のことです。

撚り(より)のないタテ糸と強い撚りのあるヨコ糸を交差させて織り、精錬により縮むことにより表面に凸凹(シボ)ができ、優しい風合いと光沢が生まれます。

 

長浜の織物の歴史は古く、古代から絹織物が生産されていたとの事。

戦国時代頃に大明国から堺に伝わった技術がその後、江戸時代にかけて長浜の地で発展し、大阪方面をはじめ各地で販売され一大産業となりました。

この地域で発展した理由は、東にそびえる伊吹山から流れる豊富な地下水と、琵琶湖の湖面からの軟水を含んだ適度な湿気が「ちりだとめん」の製織に最適であったからだといわれています。

ちりめんの種類には、古代縮緬(シボが大きい)、一越縮めん(シボが細かい)、東雲縮緬(雲のようなシボ)など多くの種類がありますが、いずれも柔らかい風合いと光沢のある高級感溢れる生地です。

淳彩庵では、「浜ちりめん」を使用した商品、黒紋付、小紋、染め帯など多数取り揃えております。一度、手にとって肌触り、風合いを体感してみてください。

 

 

~ 着物の里 散策 長浜 ~
琵琶湖の北東に位置する長浜は、東海地方から北陸、近畿への拠点として、戦国時代から江戸期にかけて織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らの武将が姉川の合戦、賎ケ丘の戦いで名を馳せた地です。

長浜城は、豊臣(羽柴)秀吉が初めて城主となった城で、天下人に駆け上がる礎となった地でもあります。また、この地出身の石田三成も家来として秀吉に仕えるようになりました。

今でも、町のいたるところに秀吉やねね、三成の史跡があります。
そんな歴史に彩られた町、長浜は着物の普及や振興にもとても前向きで、町を挙げて取り組んでいます。

「長浜きもの大園遊会 長浜出世まつり」は、毎年10月中旬に開催される着物のイベントで、全国から集まった着物の女性約1,000人が大通寺までの市街地をそぞろ歩く日本最大の着物のお祭りです。

また「長浜きものデ―」は、当日きものの方にお買物券がプレゼントされるそうです。
秋の一日、きもの姿で楽しんでみてはいかがですか?

詳しくはHP等でご確認してください。

 

 

~ 長浜グルメ情報 ~
長浜の名物料理といえば
「鮒のなれずし」

「のっぺいうどん」

「焼鯖そうめん」

など、いずれも微妙ですが、一度は味わってみたいですね!
黒壁スクエア付近の門前町の色々なお店で食べることができます。

わたしのお薦めは長浜駅から車で10分くらいの南浜にある「鮎茶屋 かわせ」さんです。

鮎の塩焼きをはじめ「鮎の南蛮漬け」、「一夜干し」、「鮎のなれ寿司」、「甘露煮」など他では味わえない料理が田園風景の中でゆっくり食べることができます。
一度訪ねてみはいかがですか?

TOP